今週の日曜阪神メインはローズステークス2018(GII)。

今年の牝馬クラシック最終戦である秋華賞へ向けた最重要トライアルです。

最重要トライアルということで今年も当初はオークス上位馬など豪華メンバーが集まると見られていましたが。。。


秋華賞で3冠を目指すアーモンドアイの本番直行に続き、ラッキーライラックも回避。

リリーノーブルに至っては脚部不安で秋の予定が白紙となり、今年は主役不在になりそうなローズステークス。

今年の秋華賞を占う上で重要なレースとなると見られていましたが今年はどんな結末となるのでしょうか。


いつも訪問して頂きありがとうございます。

更新の励みになりますので良かったらポチっと応援お願いします



・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
Twitter&Facebook

逆説の危険馬などを配信中
⇒公式LINE登録はコチラ

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
⇒公式Facebookはコチラ


◇ローズステークス2018(GII、芝1,800m、阪神)出走予定馬(枠順)
※3着までに秋華賞の優先出走権

1-1 レッドランディーニ 54.0 松山弘

2-2 ウスベニノキミ 54.0 和田
2-3 スカーレットカラー 54.0 太宰啓

3-4 ラテュロス 54.0 秋山真
3-5 サラキア 54.0 池添

4-6 オールフォーラヴ 54.0 川田
4-7 センテリュオ 54.0 北村友

5-8 サトノワルキューレ 54.0 M・デムーロ
5-9 アンコールプリュ 54.0 藤岡康

6-10 フィニフティ 54.0 福永
6-11 トーセンブレス 54.0 柴田善

7-12 ゴージャスランチ 54.0 横山典
7-13 カンタービレ 54.0 C・ルメール

8-14 ウラヌスチャーム 54.0 藤岡佑
8-15 レオコックブルー 54.0 浜中


今年の牝馬クラシック路線の注目は何と言っても秋華賞でアーモンドアイの牝馬クラシック3冠がなるのかどうか。そのアーモンドアイは早々と秋華賞へ直行するローテーションを発表。そのため今年のローズステークスはアーモンドアイへの挑戦権をかけた争いということになりそうです。


オークス上位馬の相次ぐ回避で今年のローズSの主役候補に躍り出たサトノワルキューレ。期待されたオークスでは6着。3番人気に支持されましたが自慢の末脚が不発に終わりました。

2,000m以上のレースを使い詰めできたことが響いたのか、単にGIでは力が足りなかったのか。前走の敗因が気になるところではありますがこのローズSから出直しとなります。

ローズS⇒秋華賞というのは秋の王道ローテ。ライバルたちが順調さを欠いている分、予定通りに来ているのは何より。前哨戦をひと叩きできることは秋華賞でのアドバンテージとなるはずです。

ローズSでは一夏を越してさらにパワーアップした姿を見せることができるか。阪神外回りはゆきやなぎ賞を快勝している舞台ですし、長い直線はこの馬の末脚を生かせるベストの条件。

オークスでは完敗だっただけに、ここで負けていては本番は厳しいでしょう。トライアルとはいえサトノワルキューレにとっては内容と結果が求められる一戦になります。


トーセンブレスはフラワーCで2着、桜花賞4着。オークスは取消と春は消化不良に終わりました。距離適性を考えればオークスに出ていれば面白い一頭だったと思うのですが。。。

ここは仕切り直しの一戦。桜花賞、オークスの上位陣が不在のここは有力候補の一頭。重賞制覇のチャンスでもあり気合の入るところでしょう。

クラシック上位陣のいないローズSではサトノワルキューレが当面のライバルとなりそう。ここは久々のレースとなりますが、本番に向けてまずはしっかり権利を獲っておきたいところです。


フィニフティはキャリア1戦で臨んだクイーンCで2着に入った素質馬。桜花賞では12着に敗れましたが未知の魅力を秘めた馬と言えるでしょう。

当初は紫苑Sから始動予定でしたがローズSへ変更。今回は桜花賞以来5か月ぶりとなるレースとなります。どのように馬が成長しているのか期待が高まります。

何せキャリアの浅い馬なのでなかなか狙いづらいところはありますが穴党には気になる一頭でしょう。


カンタービレはオークスで13着。まったく見せ場がなかったので敗因は距離かもしれません。

フラワーC勝ちもある1,800mは実績のある舞台。オークスから距離短縮になる今回はこの短縮がプラスになるでしょう。

オークス以外はすべて2着以内と堅実な馬なので適距離のここは好勝負してくれるそうです。ローズSでしっかりと結果を出せば秋華賞でも伏兵としての評価が上がることは間違いありません。

本番では乗り替わりになることをわかった上でC・ルメール騎手を確保したところも陣営の気合の表れ。まずはこのローズSに必勝の構えで臨んできていると言えそうです。


サラキアはデビュー2戦目でチューリップ賞に出走、4着に入った馬。その後もフローラSでも4着。惜しくも春はクラシックへの出走は叶いませんでしたが、その実力は世代でも上位と言えるでしょう。

前走は圧倒的人気に推された青島特別を3馬身半差の圧勝。ようやく2勝目を上げました。これまでなかなか勝ち切れなかったので人気でしっかりと結果を出せたことは今後に繋がる勝利だったと言えるでしょう。

今回はラッキーライラックなどの同世代のライバルと激突と思われていましたがそれは本番までお預けに。ただ、まずは秋華賞への権利獲りが必要なこの馬にとってはライバル勢の相次ぐ回避は追い風であることは確か。

このチャンスをしっかりと生かし、ここはしっかり権利を獲って本番でライバルたちに再度挑戦といきたいところです。


アンコールプリュは桜花賞のあとオークスには向かわずマイルのNHKマイルCへ。距離適性を考えてのローテーションだったのでしょう。

しかし、NHKマイルCでは見せ場なく17着。牡馬相手だったとはいえやや負け過ぎの印象もあり成長力に疑問が残るレース内容となりました。

ここは仕切り直しの一戦。阪神コースは新馬戦勝ち、フィリーズレビューで2着などがありこの馬に合っている舞台。

あとは1,800mの距離がどうなのかという事になりそうです。春はマイル戦で結果が出なかっただけに1,800m戦は不安が残るところ。ここでも結果が出ないようだと今後は一気の距離短縮ということもありそうです。ローズSは今後のアンコールプリュの進路を決める一戦となりそうです。


センテリュオはまだキャリアが4戦。しかしその4戦ですべて2着以内とまだ底を見せていない魅力を秘めています。

前走は休み明けとなった一戦を快勝!時計の速い小倉とはいえ1分57秒6のタイムは優秀と言えます。

同世代の一線級とはここが初対決。まだ500万を勝っただけの身ではありますが波乱も多いローズSなだけにこの馬の一発もあるかもしれません。


打倒アーモンドアイの最有力候補と見られていたラッキーライラックは当初このローズSから始動予定でしたが右後肢の球節部に腫れが見られたため放牧先での調教を一時中断。この調整の遅れから結局ローズSを回避。

幸い症状は軽く、秋華賞には間に合う見込み。9月中旬に帰厩し、そのまま本番に直行することが決まりました。

距離延長で期待されたオークスでよもやの3着。秋はアーモンドアイを逆転するためにできれば一度叩いてから本番に向かいたかったはず。この調整の狂いが秋華賞にどう影響するのかは気になるところです。

桜花賞で黒星を喫して以来何かツキに見放されつつあるところがあるラッキーライラック。アーモンドアイと同じぶっつけで本番のローテは誤算ですが、まずはケガが癒え本番に向けてしっかりと調整が進み、万全の状態で秋華賞に出走できることを祈るばかりです。


リリーノーブルはオークス2着。アーモンドアイにこそ敗れたものの、これまで先着したことのなかったラッキーライラックには先着。
改めて力のあるところを見せてくれました。

ただ、オークス後に右第一指骨の剥離骨折が判明。幸い軽症で当初はローズステークスには間に合う見込みでした。

しかしその後に脚部不安を発症。その影響で秋のローテが白紙となってしまいました。まだ若い3歳牝馬。無理をせずにじっくり治してまたターフに戻ってきてくれることを期待しましょう。


今後の注目レースや有力馬たちの次走は!?/2018年JRA重賞日程&主な出走予定馬