2020年の中央競馬が早くも開幕!

今年も例年通り東西金杯で2020年の中央競馬がスタートします。

今年の東西金杯は1月5日(日)に施行。

2020年は日曜、月曜開催という変則開催で幕を開けることになります。


昔から『一年の計は金杯にあり』という格言がある競馬ファンにとっては重要なレース。

中央競馬のGIII競走の中ではもっとも注目を集めるレース。

ハンデ戦ということもあり波乱も多い中山金杯。

2020年の幕開けとなる中山金杯を制するのはどの馬なのでしょうか!?


===========

いつも訪問ありがとうございます!
LINE&Twitter&Facebookなどもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

重賞出走予定&逆説の危険馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式LINE 友達登録はコチラ

友だち追加

逆説の激走馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報や最新ニュースなどを更新!
↓↓↓
⇒(外部サイト)逆説の競馬予想広報部はコチラ

⇒公式Facebookはコチラ

===========

◇中山金杯2020(GIII、芝2,000m、中山)出走予定馬(枠順)

1-1 テリトーリアル 56.0 藤岡康
1-2 ブラックスピネル 57.0 津村明

2-3 クレッシェンドラヴ 57.0 内田博
2-4 ノーブルマーズ 56.0 F・ミナリク

3-5 レッドローゼス 56.0 田辺
3-6 マイネルハニー 56.0 横山武

4-7 トリオンフ 58.0 三浦
4-8 ウインイクシード 55.0 松岡正

5-9 ギベオン 57.5 S・フォーリー
5-10 シャイニープリンス 55.0 勝浦

6-11 アンノートル 54.0 柴田大
6-12 タニノフランケル 55.0 石橋脩

7-13 イレイション 55.0 北村宏
7-14 メイショウエイコウ 53.0 大野

8-15 カデナ 57.0 鮫島駿
8-16 マイネルサーパス 55.0 丹内祐
8-17 ザダル 55.0 O・マーフィー


17頭立てとなった今年の中山金杯。19年は比較的堅い決着でしたがハンデ戦なので波乱も多いレース。

今年も頭数が揃い、ハンデ戦らしい馬券予想が難しい一戦となりそうです。


トリオンフは1年4か月ぶりとなった前走のチャレンジカップで2着。長期休養明けでしたが改めて地力の高さを証明しました。

今回はひと叩きされた上積みも予想され、前走以上の成績が期待できそう。小倉大賞典、小倉記念勝ちもあり、実績も上位。

58キロのハンデは正直厳しいですが、それでもここは結果が欲しい一戦です。


ザダルは前走の菊花賞で13着に敗退。初めて馬券圏外となる惨敗を喫しました。

前走の結果を見る限りはやや距離が短かったか。今回は2,000mですし、距離短縮はプラスになるでしょう。

中山は新馬⇒500万を連勝し、セントライト記念3着がある舞台。55キロのハンデですし、得意のコース、距離に戻れば巻き返しが見られそう。

ただ、大外枠に入ってしまったのは誤算。この枠からマーフィー騎手がどのように乗るのかには注目です。


この他にもカデナ、ギベオン、クレッシェンドラヴなど重賞馬もスタンバイ!激戦が予想されます。


☆昨年のレース結果

◇中山金杯2019(GIII、芝2,000m、中山) 結果

1着 ○ 11.ウインブライト 1:59.2
2着 ◎ 15.ステイフーリッシュ
3着 ☆ 1.タニノフランケル
4着 2.アドマイヤリード
5着 12.タイムフライヤー
・・・・・・・・・・・・・・・・
8着 ▲ 4.ランガディア
13着 △ 3.コズミックフォース

◇払戻金
単勝:11 840円 3番人気
馬連:11-15 4,570円 18番人気
馬単:11-15 7,950円 31番人気
3連複:1-11-15 42,070円 140番人気 
3連単:11-15-1 216,370円 714番人気

全着順などは主催者HPでご確認ください。


『逆説の危険馬』などを配信中

LINE

友だち追加

今後の注目レースや有力馬たちの次走は!?/2020年JRA重賞日程&主な出走予定馬