クラスターカップ2019の予想などに関するページです!

8月12日(月)に盛岡競馬場で行われるクラスターカップ2019(JpnIII)。

毎年、お盆の時期に行われる地方競馬の交流重賞3連戦。


今年はクラスターカップがその初戦となります。

JpnIIIということもあり、毎年JRA勢は一線級が出てこないレースですが今年はコパノキッキングが出走。

今年はコパノキッキングに騎乗する藤田菜七子騎手の重賞初制覇がなるかが最大の見どころとなりそうです。


===========

いつも訪問ありがとうございます!
LINE&Twitter&Facebookなどもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

逆説の危険馬などを配信中
↓↓↓
友だち追加

逆説の激走馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式Twitter フォローはコチラ

逆説の地雷馬などを配信中
↓↓↓
⇒(外部サイト)競馬予想ルームはコチラ

更新情報や最新ニュースなどを更新!
↓↓↓
⇒(外部サイト)逆説の競馬予想広報部はコチラ

⇒公式Facebookはコチラ

===========

昨年のクラスターカップの結果は以下の通り。

ラブバレットが3着に入り、中央勢の独占を阻止。ラブバレットは今年も地元馬として意地を見せられるでしょうか。


◇クラスターカップ2018(JpnIII、ダート1,200m、盛岡) 結果

1着 4.オウケンビリーヴ
2着 9.ネロ
3着 5.ラブバレット
4着 10.ディオスコリダー
5着 12.ブライトライン
・・・・・・・・・・・・・・・・

◇払戻金
単勝:4 440円 3人気
馬連:4-9 1,170円 6人気
馬単:4-9 2,270円 13人気
3連複:4-5-9 1,170円 4人気
3連単:4-9-5 8,080円 35人気


◇クラスターカップ2019(JpnIII、ダート1,200m、盛岡) 出走馬(枠順)

1-1 イッセイイチダイ 54.0 菅原辰
2-2 ブルドッグボス 55.0 御神本

3-3 ショコラブラン 54.0 吉原寛
3-4 シャドウパーティー 54.0 高橋悠

4-5 ノボバカラ 56.0 松山弘
4-6 ヒロシゲゴールド 54.0 武豊

5-7 メイショウオセアン 54.0 坂口裕
5-8 ポッドジョイ 牡7 54.0 高松亮

6-9 コパノキッキング 55.0 藤田菜
6-10 マニンアンプリメ 53.0 岩田康

7-11 アシャカダイキ 52.0 三浦
7-12 ラブバレット 54.0 山本聡

8-13 メイショウアイアン 54.0 落合玄
8-14 ミスティカル 54.0 山本政聡


今年の注目は何と言っても藤田菜七子騎手が乗るコパノキッキング。この馬で藤田菜七子騎手が重賞初制覇を成し遂げるかが最大の見どころとなりそうです。

オーナーのドクターコパさんも菜七子騎手を勝たせるためにここに駒を進めてきたと言えそうでここは必勝態勢。JRA勢にそこまでの強敵もいないのでここはチャンス十分でしょう!

このところは海外でも騎乗するなど経験も積んでいる菜七子騎手。コパノキッキングでどのようなレースを見せてくれるのか注目です。


コパノキッキング以外では地方交流重賞では安定感抜群のヤマニンアンプリメ、武豊騎手が騎乗するヒロシゲゴールドなどが優勝候補。ヤマニンアンプリメは先行できるだけにマイペースで行ければ一気の逃げ切りも十分にありそうです。


それでは早速予想家陣の本命&印を見てみましょう!!!

山崎エリカ◎ 9.コパノキッキング
丹下日出夫◎ 10.ヤマニンアンプリメ
古澤秀和◎ 6.ヒロシゲゴールド
斎藤修◎ 9.コパノキッキング
コンピュータ予想◎ 5.ノボバカラ

久野(日刊スポ)(2)◎ 10.ヤマニンアンプリメ
佐藤哲三(2)◎ 9.コパノキッキング
日刊スポ本紙(2)◎ 10.ヤマニンアンプリメ
岩手日報本紙(2)◎ 10.ヤマニンアンプリメ


盛岡でのレースということで予想家陣も少なめ。

本命は順当に9.コパノキッキング、10.ヤマニンアンプリメあたりに分散。本命の数では10.ヤマニンアンプリメのほうがやや優勢となっています。

コンピュータ予想は相変わらずマイペースに5.ノボバカラを本命。古澤氏は6.ヒロシゲゴールドを本命にしてきました。JRA勢が今年も優勢なので本命を打つ馬は限られてしまうのが現実ですが。。。


【今週の逆説の危険馬】
※予想家陣の印の傾向から連対が危ぶまれる人気馬
※印が出揃うレース当日に更新します。

6.ヒロシゲゴールド


【今週の逆説の激走馬】
※予想家陣の印の傾向とオッズから馬券的に面白そうな馬
※印が出揃うレース当日に更新します。

5.ノボバカラ


藤田菜七子騎手が注目を集めている今年のクラスターカップ。レースの見どころは藤田菜七子騎手が交流重賞初制覇となるか。

コパノキッキングのオーナーであるドクターコパさんもそれを全面的にバックアップ。コパノキッキングとしてもここは負けられない一戦でしょう。

最近は追い込みが多いですが、もともとは先行もできる馬。交流重賞は馬郡もばらけるのでそれなりの位置で競馬ができるでしょう。

10.ヤマニンアンプリメという絶好の目標もいるのでレースもしやすいはず。ここは応援も兼ねて9.コパノキッキング本命で!


10.ヤマニンアンプリメは先行できるのでここでも大崩れはなさそう。マイペースで行ければ一気の逃げ切りもありそう。


地元の雄12.ラブバレットが3番手。毎年このレースではJRA勢を相手に馬券圏内をキープ。すでに8歳ではありますがまだまだ充実しており、今年も馬券圏内ならチャンスは十分。


5.ノボバカラもまだまだ元気。このメンバーなら通用可。内目の枠を生かしてスムーズな競馬ができれば面白い存在となりそうです。


◎ 9.コパノキッキング
○ 10.ヤマニンアンプリメ
▲ 12.ラブバレット
△ 5.ノボバカラ