今週の日曜京都メインはきさらぎ賞(GIII)。
今や春のクラシック戦線に向けた重要なステップレースでもあるこのレース。

昨年はのちに菊花賞、有馬記念を制することになるサトノダイヤモンドが優勝しました。

今年もサトノアーサーやダンビュライト、タガノアシュラなど楽しみな馬たちが出走予定。
春のクラシックを占う上で重要な一戦となりそうです。


◇きさらぎ賞 2017(GIII、芝1800m、京都)の出走予定馬(枠順)!!

1-1 サトノアーサー 56.0 川田
2-2 マテラレックス 56.0 S・フォーリー
3-3 タガノアシュラ 56.0 岩田
4-4 ダンビュライト 56.0 C・ルメール

5-5 プラチナヴォイス 56.0 和田
6-6 エスピリトゥオーゾ 56.0 四位
7-7 アメリカズカップ 56.0 松若
8-8 スズカメジャー 56.0 福永

【きさらぎ賞2017】こじはる3連単5頭BOX、原良馬、虎石晃、天童なこなどの予想一覧!!


今年のきさらぎ賞は8頭立てとやや寂しい顔ぶれ。

サトノアーサーはここまで2戦2勝。
前走のシクラメン賞では上がり3Fが32.7秒。

父ディープインパクトと同じく小柄ながら瞬発力が自慢の馬。
京都ではその瞬発力がより生きると思われ、ここでも主役になることは間違いなし。

ここも圧勝するようだと一気に今年のクラシック候補に浮上することになります。

ダンビュライトは2番人気に支持された朝日杯FSで13着に惨敗。
ここが出直しの一戦となります。

サウジアラビアRCで2着しているように能力は折り紙つき。
右回りにやや不安が残りますが、気分良く走れば前走のようなことはないはず。

クラシックに向けてここは格好をつけておきたいところです。


タガノアシュラは前走の朝日杯FSで先手が奪えず14着。
やはりこの馬は逃げてこそ持ち味が生きるようです。

今回は距離も延びてこの馬にはプラスになりそう。
メンバーを見てもマイペースの競馬はできそうです。

先手さえ奪えればこのメンバーでもいい勝負になりそうです。

アメリカズカップは2戦2勝で挑んだ朝日杯FSが9着。
初重賞挑戦がGIだったこともあり結果が出ませんでした。

今回はそれ以来となるレース。
少頭数ですしここはある程度の結果が欲しいところ。

ここが試金石の一戦となりそうです。


プラチナヴォイスは京都2歳Sが6着。
ややちぐはぐな競馬で2番人気を裏切る結果となりました。

しかし京都1800mは2戦2勝。
この少頭数ならスムーズな競馬もできそう。

一発があるならこの馬かもしれません。

なお、登録のあったムーヴザワールドは次週の共同通信杯へ。
次週の共同通信杯もなかなか見ごたえのあるレースとなりそうです。