今週の土曜阪神メインは阪神牝馬S(GII)。
ヴィクトリアマイルへの重要なステップレースです。

依然として主役不在で混戦模様の牝馬マイル戦線。
ここからヴィクトリアマイルへ名乗りを上げるのはどの馬なのでしょうか。


◇阪神牝馬S 2017(GII、芝1600m、阪神)の出走予定馬

アットザシーサイド 54.0 福永
アドマイヤリード 54.0 C・ルメール
ウエスタンレベッカ 54.0 高倉
エテルナミノル 54.0 池添
クイーンズリング 56.0 M・デムーロ

クリノラホール 54.0 北村友
クロコスミア 54.0 松若
ジュールポレール 54.0 幸
タッチングスピーチ 54.0 和田
ダンツキャンサー 54.0 藤岡佑

デニムアンドルビー 54.0 藤岡康
デンコウアンジュ 54.0 蛯名
トーセンビクトリー 54.0 武豊
ヒルノマテーラ 54.0 四位
ミッキークイーン 55.0 浜中

メイショウマンボ 55.0 小牧太


クイーンズリングは昨年末の香港C以来となるレース。
香港Cではさすがに牡馬の1線級が相手だけあって9着。

しかし今回は牝馬限定戦。
エリザベス女王杯を勝った実力はこの中では上位。

マイルの距離も問題なく、目標は先とはいえここは勝ちたい一戦。

ミッキークイーンは有馬記念で5着。
牝馬ながら存在感を見せてくれました。

今回はそれ以来となるレース。
休み明けに加えてマイルへの距離短縮もカギとなりそう。

ベストの距離とは言えないマイルでどのような走りを見せてくれるのか。
阪神の外回りで直線が長いので本番に向けて恰好はつけたいところです。

他にもタッチングスピーチ、デニムアンドルビー、トーセンビクトリーなどが出走を予定。
ヴィクトリアマイルを占う上で重要な一戦となりそう。

ただ、その馬もマイル適性に?なところもあり、距離適性が重要なファクターとなりそうです。