7月6日(木)に川崎競馬場で行われるスパーキングレディーカップ2017(JpnIII)。
初夏に行われる牝馬限定の交流重賞。

今年はホワイトフーガの1強ムードとなっています。
ただ、ホワイトフーガ以外のJRA勢はそこまで強力ではなく地方勢の出番もありそう。

今年はホワイトフーガの相手探しというレースとなりそうです。


それでは早速予想家陣の本命&予想を見てみましょう!!!

山崎エリカ・・・◎ 3.タマノブリュネット
浅野靖典・・・◎ 2.ホワイトフーガ
斎藤修・・・◎ 2.ホワイトフーガ
古澤秀和・・・◎ 2.ホワイトフーガ
丹下日出夫・・・◎ 2.ホワイトフーガ
コンピュータ予想・・・◎ 4.タイニーダンサー


≪山崎エリカ 予想≫
◎ 3.タマノブリュネット
○ 2.ホワイトフーガ
▲ 4.タイニーダンサー
☆ 7. アンジュデジール


≪浅野靖典 予想≫
◎ 2.ホワイトフーガ
○ 1.トーコーヴィーナス
▲ 4.タイニーダンサー
△ 10.ララベル
☆ 7.アンジュデジール


≪古澤秀和 予想≫
◎ 2.ホワイトフーガ
○ 7.アンジュデジール
▲ 4.タイニーダンサー
△ 3.タマノブリュネット
☆ 5.プリンセスバリュー


≪斎藤修 予想≫
◎ 2.ホワイトフーガ
○ 10.ララベル
▲ 7. アンジュデジール
△ 1.トーコーヴィーナス
△ 4.タイニーダンサー
△ 11.サクラフローラ


≪丹下日出夫 予想≫
◎ 2.ホワイトフーガ
○ 7.アンジュデジール
▲ 10.ララベル
△ 1.トーコーヴィーナス
△ 3.タマノブリュネット
△ 4.タイニーダンサー
☆ 11.サクラフローラ


予想通りというべきか本命は2.ホワイトフーガに集中。
メンバーもメンバーなのでこれは仕方ないですね。

ただ対抗以下は印も割れている印象。
皆さん、相手はひとひねりしようという感じでしょうか。

あと梅雨時のレースなだけに馬場状態はちょっと心配。
予報ではレース当日は曇りのようですがゲリラ豪雨などもあり得るので馬場状態には注意したほうが良さそうです。


【今週の逆説の危険馬】
※予想家陣の印の傾向から連対が危ぶまれる人気馬

7.アンジュデジール


マリーンCの結果を見る限り2.ホワイトフーガの首位は不動か。
唯一の不安材料である58キロもマリーンCで克服。

ここは素直にこの馬に本命にするのが無難でしょう。

マリーンCではホワイトフーガに完敗も逃げて2着だった10.ララベル。
ここもこの馬が先手を奪いそう。

脚抜きのいい馬場になれば再度の前残りがありそう。

このところ勝ち切れないレースが続いている4.タイニーダンサー。
それでもこのメンバーなら馬券圏内が期待できそうです。

前走から距離が延びるのもこの馬にはプラスでしょう。

7.アンジュデジールは今年の関東オークス2着馬。
だた、今回は川崎のマイル戦。

小回りのマイル戦は未知数のところもあり4番手評価。
斤量差を生かして激走する可能性もありますが今回はこの評価としました。


◎ 2.ホワイトフーガ
○ 10.ララベル
▲ 4.タイニーダンサー
△ 7.アンジュデジール