今週の日曜東京メインはNHKマイルカップ2018(GI)。

今年の3歳マイル王決定戦です。


2018年もここから東京競馬場5週連続GI開催がスタート。

その初戦となるNHKマイルカップには3歳マイル王を目指す若駒たちが集います。


キャリアの浅い3歳馬たちのマイル戦ということもあり、昔から波乱も多いレース。

歴史を振り返ってもこのレースだけ大駆けする馬が波乱を呼ぶことが多く予想が難解な一戦です。


近年は牝馬の活躍が目立つこのレース。

今年も牝馬に有力馬が何頭かおり、活躍が期待できそうです。


いつも訪問して頂きありがとうございます。

更新の励みになりますので良かったらポチっと応援お願いします

競馬ランキング



にほんブログ村 競馬ブログへ


・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
LINE&Twitter&Facebook

逆説の危険馬などを配信中
⇒公式LINE登録はコチラ

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
⇒公式Facebookはコチラ


◇NHKマイルカップ2018(GI、芝1600m、東京) 出走予定馬(枠順)

1-1 カツジ 57.0 松山弘
1-2 ファストアプローチ 57.0 蛯名

2-3 テトラドラクマ 55.0 田辺
2-4 フロンティア 57.0 内田博

3-5 プリモシーン 55.0 戸崎
3-6 リョーノテソーロ 57.0 吉田隼

4-7 タワーオブロンドン 57.0 C・ルメール
4-8 ダノンスマッシュ 57.0 北村友

5-9 ギベオン 57.0 M・デムーロ
5-10 パクスアメリカーナ 57.0 川田

6-11 ケイアイノーテック 57.0 藤岡佑
6-12 アンコールプリュ 55.0 藤岡康

7-13 ルーカス 57.0 H・ボウマン
7-14 デルタバローズ 57.0 石橋脩
7-15 カシアス 57.0 浜中

8-16 ミスターメロディ 57.0 福永
8-17 レッドヴェイロン 57.0 岩田
8-18 ロックディスタウン 55.0 池添


テトラドラクマはクイーンCを快勝!

自らペースを握り、後続をシャットアウトする強い内容でした。


前走後は早々と桜花賞ではなくNHKマイルCへ向かうことを発表。

阪神マイルよりも東京マイルのほうがより力を発揮できると判断したようです。


今年の桜花賞にはアーモンドアイやラッキーライラックがいたことも関係していそうです。

いずれにしろ東京マイルなら牡馬とも互角の戦いができそう。


近年は牝馬の活躍が目立つのも心強い限りです。

昨年のアエロリットに続く牝馬の勝利を目指します。



タワーオブロンドンは今年からトライアルに生まれ変わったアーリントンカップで見事な差し切り勝ち。

朝日杯3着から距離が心配されていましたがその心配を吹き飛ばす豪快な末脚でした。


ただそれでも気性面の問題もあり現状では距離はマイルが限界の印象。

アーリントンカップでも気負う面があったので本番も折り合いがカギとなりそう。


東京は京王杯2歳Sを快勝している舞台。

左回りは問題ないのであとは道中いかにリラックスして走れるかにかかっているでしょう。


本番までにさらに精神面の成長があるといいのですが。。。



ミスターメロディは初芝となったファルコンSを快勝!

次走が注目されていましたが引き続き福永騎手とのコンビでNHKマイルCへの参戦が決まりました。


前走の末脚を見る限り、芝適性はまったく問題なし。

ダートとはいえ東京は2戦2勝なのでコース適性も問題なさそうです。


不安があるとすればさらに距離が延びるマイル戦。

これまで1400mまでの経験しかないので距離延長には若干の不安が残ります。


それでも前走の脚は直線の長い東京でさらに威力を増しそう。

本番でも注目の一頭です。



カツジはトライアルのニュージーランドTを快勝!

道中は後方待機から外を回しての差し切り勝ちは強い内容でした。


2戦目でデイリー杯2歳Sで2着したようにもともと素質のある馬。

やはりマイル戦ではいい切れ味を見せてくれます。


じっくり競馬ができる東京コースも合いそう。

本番でも楽しみな一頭となりそうです。



ケイアイノーテックはニュージーランドTで2着。

1番人気に推されましたが惜しくもカツジに競り負ける結果となりました。


それでも内容は悲観するものではなく次に繋がる競馬でした。

前々走の走りを見ても広いコースのほうが競馬はしやすそう。


左回りは初となりますがまだ4着以下のない安定感は魅力。

穴馬の一頭として楽しみな存在となりそうです。