今週の日曜東京メインはヴィクトリアマイル2018(GI)。

母の日に行われる春のマイル女王決定戦です。


東京競馬場5週連続GI開催の2週目。

春のマイル女王を目指す牝馬が府中に集結、今年はフルゲートの18頭立てとなりました。


毎年、距離がマイルということもあり、人気と結果が直結しない難しいレース。

中距離で実績を残してきた馬が人気になり、マイル戦で取りこぼすことが波乱の要因でもあります。


昨年もやはり波乱となったヴィクトリアマイル。

今年はどのような結末となるのでしょうか。


いつも訪問して頂きありがとうございます。

更新の励みになりますので良かったらポチっと応援お願いします

競馬ランキング



にほんブログ村 競馬ブログへ


・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
Twitter&Facebook

逆説の危険馬などを配信中
⇒公式LINE登録はコチラ

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
⇒公式Facebookはコチラ


◇ヴィクトリアマイル2018(GI、芝1600m、東京) 出走予定馬(枠順)

1-1 レッツゴードンキ 55.0 岩田
1-2 ミスパンテール 55.0 横山典

2-3 ラビットラン 55.0 川田
2-4 ジュールポレール 55.0 幸

3-5 レーヌミノル 55.0 和田
3-6 レッドアヴァンセ 55.0 北村友

4-7 カワキタエンカ 55.0 大野
4-8 クインズミラーグロ 55.0 藤岡康

5-9 ソウルスターリング 55.0 C・ルメール
5-10 アエロリット 55.0 戸崎

6-11 アドマイヤリード 55.0 M・デムーロ
6-12 エテルナミノル 55.0 四位

7-13 ワントゥワン 55.0 藤岡佑
7-14 リエノテソーロ 55.0 吉田隼
7-15 デアレガーロ 55.0 池添

8-16 リスグラシュー 55.0 武豊
8-17 デンコウアンジュ 55.0 蛯名
8-18 メイズオブオナー 55.0 福永


春の東京5週連続GI開催の2週目は春のマイル女王決定戦ヴィクトリアマイル。毎年波乱も多いこのレース。

今年も絶対的な中心馬が不在で波乱の要素は十分にありそう。馬券的には難解な一戦となりそうです。


リスグラシューは阪神牝馬Sで東京新聞杯に続く重賞連勝を狙いましたが3着。直線追い込んだものの、結果的にはスローペースに泣かされる形となりました。

ただ、悲観する内容ではなく次に繋がるレースだったと言えます。東京マイルは2戦2勝と得意の舞台。

スローの瞬発力勝負になった際に不安も残りますがこの馬の末脚は東京コースにぴったり。昨年のクラシックでは惜敗続きだっただけにここは力が入る一戦です。


ソウルスターリングは今年初戦となった阪神牝馬Sで10着。牝馬相手にこの着順はちょっと心配が残る結果となりました。

昨秋は毎日王冠⇒天皇賞秋⇒ジャパンカップという3レースを戦ったソウルスターリング。3歳牝馬ながらこのローテが組まれたのは期待の高さ故でしたが逆にここで馬のリズムが崩れてしまったのか。。。

夏にはイギリス遠征も考えられているとのことなのでまずはヴィクトリアマイルで結果がほしいところ。東京コースはオークスを勝っていますし、マイルの距離も問題なし。

阪神牝馬Sの大敗は気になりますが一度使われたことで一変があってもおかしくはありません。


ミスパンテールは前哨戦の阪神牝馬Sを快勝!4連勝で重賞連勝となりました。

阪神牝馬Sは逃げ切り。自在の脚質は本番でも武器になりそう。

ただ、このところ阪神牝馬Sの勝ち馬の本番での成績がイマイチなのでローテは気になるところです。


レッツゴードンキは高松宮記念で昨年に続く2着。これで国内の芝のスプリントGIで3戦連続2着となりました。

香港GIへの招待もありましたがこれを辞退。今後はヴィクトリアマイルを目指して調整されてきました。

現状、マイル戦はやや距離が長い印象もありますが牝馬限定戦なら可能性はありそう。今度こそ桜花賞以来となるGI制覇となるでしょうか。


レーヌミノルは昨年のマイルCSで4着。古馬相手のGIで見せ場をつくりました。

距離適性を見てもヴィクトリアマイルは持って来いの舞台。今年はオーシャンS、高松宮記念とスプリント戦を使って6着、7着。

この2戦の走りを見る限り現状ではもう少し距離があったほうが良さそうです。牝馬限定戦に出るのは昨年の秋華賞以来。牡馬相手にもまれて逞しさを増した今ならここでアッサリがあっても不思議はありません。


そしてヴィクトリアマイルと言えば何故かリピーターがよく来るレースとして有名。今年も昨年の上位3頭、アドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレールが揃って出走予定。

レッツゴードンキも昨年に続いての出走なのでこのあたりの馬には今年も注意が必要でしょう。