今週の土曜東京メインは京王杯スプリングカップ2018(GI)。

GI安田記念の前哨戦となるレースです。


今年も安田記念を目指す馬たちが府中に集結。

フルゲートとなる18頭立てでレースが行われます。


今年のメンバーを見る限り混戦模様。

抜けた実績を持つ馬がいないので波乱の可能性もありそうです。


ここを制し、安田記念に名乗りを上げるのはどの馬なのでしょうか。


いつも訪問して頂きありがとうございます。

更新の励みになりますので良かったらポチっと応援お願いします

競馬ランキング



にほんブログ村 競馬ブログへ


・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
Twitter&Facebook

逆説の危険馬などを配信中
⇒公式LINE登録はコチラ

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

更新情報などを配信中
⇒公式Facebookはコチラ


◇京王杯スプリングカップ2018(GII、芝1,400m、東京) 出走予定馬(枠順)
※1着馬に安田記念の優先出走権

1-1 サトノアレス 56.0 蛯名
1-2 トウショウピスト 56.0 田中勝

2-3 アドマイヤゴッド 56.0 内田博
2-4 ラインスピリット 56.0 森一馬

3-5 ムーンクエイク 56.0 C・ルメール
3-6 グレーターロンドン 56.0 田辺

4-7 アイライン 54.0 北村宏
4-8 リライアブルエース 56.0 戸崎

5-9 ウインガニオン 56.0 津村明
5-10 セイウンコウセイ 57.0 三浦

6-11 シュウジ 56.0 横山典
6-12 テオドール 56.0 石川裕

7-13 ダイメイフジ 56.0 松山弘
7-14 ビップライブリー 56.0 大野
7-15 ダンスディレクター 56.0 武豊

8-16 ノボバカラ 56.0 武藤雅
8-17 キャンベルジュニア 56.0 石橋脩
8-18 フィアーノロマーノ 55.0 川田


登録段階で24頭、フルゲートとなった今年の京王杯スプリングカップ。確固たる主役が不在で混戦が予想されます。


サトノアレスは東京新聞杯2着以来となるレース。昨年の巴賞を最後に勝利からは遠ざかっていますが、このメンバーなら十分に勝負になりそう。

東京コースはここ2戦連続2着と苦にしません。距離短縮となる今回は初の1,400mへの対応がカギとなりそうです。

安田記念に胸を張って向かうためにも、ここは結果が欲しい一戦です。


ダンスディレクターは休み明けの高松宮記念で見せ場たっぷりの4着。叩き2戦目となる今回は上積みが期待されます。

1400mの距離は守備範囲で問題なし。あとは久々となる東京コースでどうなるか。中京での走りをみる限りは問題なさそうですが。。。


グレーターロンドンは連勝が止まってからチグハグな競馬が続いています。ここ3戦は1番人気に支持されたにも関わらず結果が出ていません。

毎回結果が出なくても人気が先行してしまうのが辛いところですが、今回はさすがに人気を落としそう。東京コースは得意なだけに初の1,400mで新しい一面が見られるかもしれません。