◇レディスプレリュード(JpnII、ダート1,800m、大井) 結果

1着 2.アンデスクイーン 1:53:2
2着 △ 10.ファッショニスタ
3着 ○ 8.ラビットラン
4着 5.クレイジーアクセル
5着 7.サラーブ
・・・・・・・・・・・・・・・・
8着 ▲ 4.マドラスチェック
10着 ◎ 1.プリンシアコメータ

◇払戻金
単勝:2 520円 3番人気
馬連:2-10 710円 3番人気
馬単:2-10 1,810円 6番人気
3連複:2-8-10 1,620円 7番人気
3連単:2-10-8 8,850円 32番人気



10月3日(木)に大井競馬場で行われるレディスプレリュード2019(JpnII)。

来月、浦和競馬場で行われるJBCレディスクラシックの前哨戦です。

今年は12頭立てとなりました。


今年のJBCは浦和開催。

大井と浦和ではまったくコース形態が違いますがそれでも前哨戦。

ただ、メンバーは揃ったのでJBCレディスクラシックを占う上で重要な一戦となりそうです。


===========

いつも訪問ありがとうございます!
LINE&Twitter&Facebookなどもやっていますのでよろしければ登録よろしくお願い致します!

逆説の危険馬などを配信中
↓↓↓
友だち追加

逆説の激走馬などを配信中
↓↓↓
⇒公式Twitter フォローはコチラ

逆説の地雷馬などを配信中
↓↓↓
⇒(外部サイト)競馬予想ルームはコチラ

更新情報や最新ニュースなどを更新!
↓↓↓
⇒(外部サイト)逆説の競馬予想広報部はコチラ

⇒公式Facebookはコチラ

===========

まずは昨年のこのレースの結果から!

◇レディスプレリュード2018(JpnII、ダート1,800m、大井) 結果

1着 9.プリンシアコメータ
2着 12.ブランシェクール
3着 7.アルティマウェポン
4着 6.アンジュデジール
5着 1.ワンミリオンス
・・・・・・・・・・・・・・・・

◇払戻金
単勝:9 430円 2番人気
馬連:9-12 8,100円 14番人気
馬単:9-12 13,060円 25番人気
3連複:7-9-12 216,590円 143番人気
3連単:9-12-7 1,431,700円 629番人気


昨年は1番人気のクイーンマンボが7着に惨敗。
2、3着にも地方馬が入り、3連単は100万円超えの大波乱となりました!


続いて今年のメンバーを見て行きましょう!


◇レディスプレリュード2019(JpnII、ダート1,800m、大井)出走馬(枠順)

1-1 プリンシアコメータ 56.0 岩田康

2-2 アンデスクイーン 55.0 戸崎

3-3 オルキスリアン 55.0 繁田健

4-4 マドラスチェック 53.0 森泰斗

5-5 クレイジーアクセル 55.0 吉原寛
5-6 エイシンセラード 55.0 大畑雅

6-7 サラーブ 55.0 御神本
6-8 ラビットラン 56.0 M・デムーロ

7-9 ローレライ 55.0 本田正
7-10 ファッショニスタ 55.0 大野

8-11 ミッシングリンク 55.0 笹川翼
8-12 アルティマウェポン 55.0 矢野貴


JBCレディスクラシックを目指す馬たちが今年も大井に集結。
今年はJRA勢5頭、地方勢7頭の12頭立てでレースは行われます。

JRA勢はダート牝馬路線の有力馬がこぞって出走。
まさにJBCレディスクラシックの前哨戦に相応しいメンバーが揃いました。


ファッショニスタは前走のスパーキングレディーCを圧勝!昨年のJBCレディスクラシック3着の実力を見せつけました。

ただ、1,800mではこれまで2着が最高の成績。決してベストの距離とは言えないので死角もありそうです。


アンデスクイーンはブリーダーズゴールドCでプリンシアコメータ以下を抑えて優勝!重賞初制覇を上げました!

この馬は距離があったほうが良いタイプで1,800mも問題なし!大井は初なのでコース適性に不安は残りますが。。。


プリンシアコメータは交流重賞の常連。どんな相手でも崩れない安定感が魅力です。

大波乱となった昨年のこのレースの勝ち馬。コース適性は問題ないだけに今年も好勝負必至でしょう!


ラビットランは今年初めのTCK女王盃3着以来となる復帰戦。休み明けは割引ですがこれまでの実績では上位の存在。

前走と同じ舞台なのでコース適性は気にしなくて良さそう。あくまで本番は次でしょうから当日の仕上がりがカギとなりそう。


マドラスチェックは今年の関東オークス2着馬。前走のスパーキングレディーCでは4着でした。

マイル戦はやや忙しい印象だったので距離延長はプラスになりそう。斤量の53キロも魅力でまとめて古馬を負かす可能性も!


一方、地方勢はやや小粒な印象。昨年地方勢が2、3着に入ったレースなので油断はできませんが。。。

中央から移籍3戦目となる11.ミッシングリンクが一応エース格でしょうか。エンプレス杯では惨敗も、この距離なら目下2連勝中の5.クレイジーアクセルも面白い存在となりそうです。


それでは予想家陣の『レディスプレリュード』の本命&印を見てみましょう!!!

山崎エリカ◎ 1.プリンシアコメータ
浅野靖典◎ 1.プリンシアコメータ
吉田総一郎◎ 2.アンデスクイーン
斎藤修◎ 10.ファッショニスタ
丹下日出夫◎ 10.ファッショニスタ
コンピュータ予想◎ 1.プリンシアコメータ


今回もコンピュータ予想がJRA勢しかも人気の1.プリンシアコメータを指名。プログラムの変更でもあったのでしょうか(笑)。

あとの予想家陣もやはりJRA勢が本命。10.ファッショニスタ、2.アンデスクイーン、1.プリンシアコメータと本命は割れているので混戦ではあるようです。

休み明けの8.ラビットランはさすがにいきなりは厳しいとの評価のようです。


【『レディスプレリュード』の逆説の危険馬】
※予想家陣の印の傾向から連対が危ぶまれる馬
※印が出揃うレース当日に更新します。

10.ファッショニスタ


【『レディスプレリュード』の逆説の激走馬】
※予想家陣の印の傾向とオッズから馬券的に面白そうな馬
※印が出揃うレース当日に更新します。

4.マドラスチェック


昨日のコパノキッキングは強かったですねぇ。
藤田菜騎手も結果を出せてホッとしていることでしょう!

次走はJBCスプリントとのことなのでまた東京盃のような競馬ができれば連勝も期待できそう。
一方、予想のほうは2、3着がノーマークでドンズべりでしたが。。。(;´д`)トホホ。


交流重賞3連戦の最終日はレディスプレリュード。
JBCレディスクラシックのトライアルですが今年は好メンバー。

JRAダート牝馬路線の有力馬の多くが出てきました。
本番とコース形態は違うものの、力関係を測る上では絶好のレースとなりそうです。


本命には1.プリンシアコメータ。
昨年の勝ち馬ですし、交流重賞では安定している馬。

勝ち切るかと言われると微妙ですが連軸にはもってこいの馬。
今日も馬券圏内には好走してくれるでしょう!


休み明けですが8.ラビットランを対抗に。
実力はこの中に入っても引けをとりませんし、TCK女王盃でも3着。

デムーロ騎手ですし恰好はつけてくれるはず!


3歳馬の4.マドラスチェックが3番手。
斤量が魅力ですし、距離もこれくらいがちょうど良さそう。

内枠から前々の積極的な競馬ができれば。。。


10.ファッショニスタは今回は押さえ。
人気になっていますし、勝たれたら仕方ないということで。。。

大井の1,800mは初ですし、この距離ならポカがある可能性も!


◎ 1.プリンシアコメータ
○ 8.ラビットラン
▲ 4.マドラスチェック
△ 10.ファッショニスタ