夏競馬も終わり秋競馬が開幕。
今週の中山日曜メインは京成杯オータムH(GIII)。
中山開幕週に行われる名物ハンデ重賞です。

今年も秋のマイル戦線を賑わせるであろう馬が登録してきました。
マイル王モーリスが路線変更しこの秋は主役不在となりそうな国内マイル戦線。
新星は現れるのでしょうか。


◇京成杯AH(GIII、芝1600m、中山)の出走予定馬

カフェブリリアント 54 戸崎
クラリティスカイ 57.5 田辺
シベリアンスパーブ 54 松岡正
スマートオリオン 57 柴山雄
ダイワリベラル 56 北村宏

ダノンプラチナ 58 蛯名
ダノンリバティ 56 若松
ダンスアミーガ 53 石川
トウショウドラフタ 54 吉田豊
ピークトラム 56 小牧

ペイシャフェリス 53 大野拓
ラングレー 56 柴田善
リーサルウェポン  56 吉田隼
ロードクエスト 55 池添
ワキノブレイブ 56 津村

※アルマディヴァン( 53 横山典)は左寛は行のため出走を取り消し


3歳馬のロードクエストが再びマイル路線に戻ってきました。
NHKマイルC2着のあと出走した日本ダービーは11着。

やはりこの馬に2400mの距離は長かったようです。
新潟2歳S、NHKマイルCを見てもこの馬のベストは恐らくマイル戦。

小回りの中山コースはベストとは言えませんがそこは地力でカバーできそう。
秋初戦となるマイル戦でどのような走りを見せてくれるんでしょうか。

東京新聞杯4着の後一息入ったダノンプラチナ。
このレースが仕切り直しの1戦となります。

朝日杯FS、富士S勝ちのあるマイルはベストの舞台。
ただ、中山コースに実績がない点、長期休み明けという不安材料。

秋競馬を盛り上げる上でも復活してもらいたい一頭ではありますが58キロはやや厳しいか。


最近は再び芝路線に戻ってきたダノンリバティ。
勝ち切れないレースが続いていますが前走の関屋記念(2着)も見せ場は十分でした。

56キロのハンデも比較的恵まれた感があり実力はここでも上位。
乗り方ひとつで優勝争いができそうです。

ピークトラムは関屋記念で11着と大敗。
今回はかなり人気を落としそうな感じです。

それでも2走前の中京記念では2着。
このところ力をつけて来ており56キロならここでも面白い1頭になりそうです。