今日の阪神メインは桜花賞トライアルのチューリップ賞。
本番の桜花賞と同じコース、同じ距離で行われる最重要ステップレース。
しかし今年は雨の中でのレース。
重馬場への適性も明暗を分けたレースとなりました。

1着 △ 14.ココロノアイ
2着 1.アンドリエッテ
3着 × 15.レッツゴードンキ
4着 ◎ 12.ロカ
5着 4.アスカビレン
・・・・・・・・・・・・・・・・
6着 ▲ 7.コンテッサトゥーレ
11着 ○ 3.クルミナル


期待した◎ 12.ロカ、○ 3.クルミナル、▲ 7.コンテッサトゥーレは見せ場なし。
道悪がダメなんでしょうか。。。
ロカは4着という何とも中途半端な結果でした。。。
2着には人気薄のディープ産駒1.アンドリエッテ。
ディープ産駒違いでした。。。

△ 14.ココロノアイはこういう渋った馬場が得意なようです。
今日は道悪で時計も遅く、本番の桜花賞にこの結果が直結するかというと疑問が残るレースとなりました。

予想家さんたちの予想を復習。

丹下日出夫氏・・・◎ 12.ロカ
小林誠氏・・・◎ 15.レッツゴードンキ
須田鷹雄氏・・・◎ 15.レッツゴードンキ
棟広良隆氏・・・◎ 1.アンドリエッテ
栗山求氏・・・◎ 3.クルミナル
井内利彰氏・・・◎ 1.アンドリエッテ
H幡氏・・・◎ 15.レッツゴードンキ
キャプテン渡辺・・・◎ 2.レッドカーラ
ジャンポケ斎藤・・・◎ 9.タッチングスピーチ

印の集中していた15.レッツゴードンキが3着。
井内利彰氏の◎ 1.アンドリエッテが2着でした。

自分よりも予想家さんの予想が当たるのでこのブログの趣旨が。。。
昨年までは本当に皆さん当たらなかったんですけどねぇ。