今日の阪神メインは産経大阪杯。
天皇賞・春に向けた重要なステップレースに今年はGI馬が6頭。
ただ阪神競馬場は前日から降り続いた雨の影響で馬場はレース前には不良まで悪化。
この馬場状態が明暗を分ける結果となりました。

1着 × 3.ラキシス
2着 ▲ 7.キズナ
3着 △ 4.エアソミュール
4着 ◎ 12.スピルバーグ
5着 9.ロゴタイプ
・・・・・・・・・・・・・・・・
8着 ○ 6.カレンブラックヒル
9着 × 10.ショウナンパンドラ

期待の◎ 12.スピルバーグは最後方からの競馬。
直線だけで4着まで追い込んできたものの、こういう馬場は合わないみたい。
休み明けの58キロと厳しい条件もあり、まぁ良く走っているほうかな。
こういう条件の馬は本命にしちゃいかんですね。

○ 6.カレンブラックヒルは2番手から不利もなくスムーズな競馬。
こういう馬場も苦にしないと思ったんですが、完全な力負け。
2000m前後では善戦止まりの馬なんでしょう。

▲ 7.キズナは同中、後方3番手からの競馬。
直線外を回り、一旦はラキシスをかわして先頭に立つシーンも。
しかしそこから伸びず、最後は逆にラキシスに2馬身離される完敗。
馬場適性が出た感じでした。

ただ、次の天皇賞・春はこの馬にとってはベストとはいえない条件。
ディープ産駒は3000m以上の重賞でここまで勝ち鞍がなく、キズナも昨年圧倒的人気を裏切り4着。
今年の天皇賞でも厳しい戦いになりそう。

× 3.ラキシスはルメールが見事な騎乗を見せ、キズナをシャットアウト。
道悪巧者ぶりを発揮し、見事な競馬を見せてくれました。
ただ、こちらもディープ産駒。
天皇賞・春に向かうとしてもキズナと同様、次は厳しい戦いとなりそう。
しかし、ルメール騎手は復帰週でしっかり重賞制覇。さすがです。

△ 4.エアソミュールはこの馬場が心配されましたが、
デムーロ騎手がしっかり3着まで持ってきました。
この馬場でもここまで走れるということは馬が余程充実しているんでしょうね。

ルメールとデムーロ。この2人は今後も黙って買ったほうが良さそうです。

馬券は本命スピルバーグが4着。
馬単もキズナは頭しか買っておらず、着順が逆。
ルメールもデムーロも来たのに何とも中途半端な結果となりました。。。


それでは早速予想家さんたちの印を復習。

丹下日出夫・・・◎ 7.キズナ
山崎エリカ・・・◎ 7.キズナ
田沼亨氏・・・◎ 7.キズナ
小原靖博・・・◎ 7.キズナ
須田鷹雄・・・◎ 9.ロゴタイプ
望田潤・・・◎ 6.カレンブラックヒル
栗山求・・・◎ 9.ロゴタイプ
藤村和彦・・・◎ 7.キズナ
小林誠・・・◎ 4.エアソミュール
古澤秀和・・・◎ 7.キズナ
H幡・・・◎ 9.ロゴタイプ
キャプテン渡辺・・・◎ 3.ラキシス 馬連 3-7 3連単 3→7→4、10 7→3→4、10 
ジャンポケ斎藤・・・◎ 14.タガノグランパ 単勝
徳光和夫・・・③、④、⑦、⑩、⑬ 3連単 5頭BOX ⑦-①、⑤、⑥、⑨、⑪、⑫、⑬、⑭ ワイド1頭軸
井崎脩五郎・・・◎ 7.キズナ

キズナ ◎ 7人
ロゴタイプ ◎ 3人
カレンブラックヒル ◎ 1人
ラキシス ◎ 1人
タガノグランパ ◎ 1人
エアソミュール ◎ 1人

印が集中していた7.キズナはまさかの2着。
単勝1倍台の圧倒的な人気に応えることができませんでした。
ここまで印が集中した時点で2着はお約束だったのかもしれません。

今週の驚きはキャプテン渡辺。
なんと本命の3.ラキシスが快勝し、馬連と3連単をGET!!
これにはほんとびっくり!!
一体どうしてしまったんでしょう。。。

そして最近好調の徳光和夫さん。
今日も3連単を見事に的中。
徳光さんに一体何があったんでしょう(笑)