今週の日曜京都メインは京阪杯2017(GIII)。
ジャパンカップの裏で行われる短距離重賞。

ジャパンカップ後に行われるので意外と盛り上がるこのレース。
今年は牝馬に有力馬が多く見応えのあるレースとなりそうです。


いつも訪問して頂きありがとうございます。
更新の励みになりますので良かったらポチっと応援お願いします↓
競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ


・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
Twitter&Facebook↓
 TSDB


◇京阪杯2017(GIII、芝1200m、京都) 出走予定馬(枠順)

1-1 ティーハーフ 56.0 国分優
1-2 ラインスピリット 56.0 森一

2-3 アルマワイオリ 56.0 A・アッゼニ
2-4 ネロ 58.0 吉原寛

3-5 ヒルノデイバロー 56.0 古川吉
3-6 ビップライブリー 56.0 大野

4-7 ソルヴェイグ 54.0 川田
4-8 ナリタスターワン 56.0 幸

5-9 メラグラーナ 55.0 A・シュタルケ
5-10 セイウンコウセイ 56.0 松田大

6-11 フィドゥーシア 55.0 三浦
6-12 ダイシンサンダー 56.0 和田

7-13 タマモブリリアン 54.0 吉田隼
7-14 イッテツ 56.0 石橋脩

8-15 アットザシーサイド 54.0 四位
8-16 ジューヌエコール 54.0 北村友


ソルヴェイグは前走のオパールSで昨年の函館SS以来となる勝利。
GIスプリンターズSでも3着に入った実績馬が復活の狼煙を上げました。

今回は前走と同じ京都1200m。
そして斤量も1キロ軽くなる54キロ。

ここは来年に向けて勝っておきたい一戦でしょう。


ジューヌエコールは今年の函館SSの勝ち馬。
そのレース以来となった前走のスワンSは12着。

休み明けということもありいいところがありませんでした。
今回は休み明け2戦目、ひと叩きされた今回は前走よりは動けるはず。

距離が短縮されるのもプラスでしょう。


セイウンコウセイは今年の高松宮記念を勝ったものの、その後スランプに。
前走のスワンSでも得意なはずの京都+重馬場で14着に大敗。

復活の糸口が掴めない状態に陥っています。
得意の京都で復活なるか、メンバー的にはあっさり勝ってもおかしくはないのですが。。。


フィドゥーシアはこのレースが引退レース。
引退レースの牝馬は買いにくいのは確かですがここは無事に走ってもらえれば。


セイウンコウセイと同様、スランプ気味のメラグラーナも本来の走りができれば。。。