いよいよ京都開催が開幕。
今週の京都メインは京都大賞典(GII)です。
今年は3連休の最終日の月曜日にレースが行われます。

天皇賞・秋、ジャパンCへ向けた重要なステップと言える京都大賞典。
今年はやや頭数が寂しいですが今年の京都大賞典に出走を予定している馬は以下の通り。


◇京都大賞典(GII、芝2400m、京都)の出走予定馬

アクションスター 56.0 北村友
アドマイヤデウス 56.0 岩田
キタサンブラック 58.0 武豊
サウンズオブアース 56.0 M・デムーロ
タマモベストプレイ 56.0 藤岡康

ヒットザターゲット 56.0 小牧
ファタモルガーナ 56.0 浜中
ヤマカツライデン 56.0 池添
ラストインパクト 56.0 川田
ラブリーデイ 58.0 C・ルメール

こじはるの3連単5頭BOX、ジャンポケ斉藤、キャプテン渡辺などの京都大賞典の予想は??


宝塚記念では惜しくも3着に敗れたキタサンブラック。
結果敗れはしましたが自らペースをつくって僅差の3着。
改めてその実力を見せてくれました。

そのキタサンブラック、秋は京都大賞典からの始動。
その後はジャパンC、有馬記念というローテーションがすでに発表されています。

開幕週の絶好の馬場で行われる京都大賞典。
この馬の先行力が思う存分発揮できそうです。


◇キタサンブラック、追い切り時計

【最終追い切り】
10/5:栗東CW(稍)6F:82.9-67.1-52.8-39.0-12.2(黒岩騎手/馬なり)
※内ナンヨーマーズ(馬なり)を6Fで0.6秒追走、3F併せで併入

【1週前追い切り】
9/29:栗東CW(重)6F:81.1-65.4-51.9-38.5-11.8(黒岩騎手/一杯)
※外ラスイエットロス(一杯)を6Fで1秒追走、3F併せで併入

【2週前追い切り】
9/21:栗東CW(重)6F:81.5-66.1-52.0-39.0-12.6(黒岩騎手/一杯)
※外ジョーウォルター(馬なり)を6Fで0.8秒追走、1F併せで併入


宝塚記念は4着だったラブリーデイ。
一旦、秋の始動戦が白紙になっていましたが予定通り京都大賞典での復帰が決定。

鞍上もルメール騎手に決まり、秋の巻き返しを狙います。
このところ勝ち切れないレースが続いていますが大崩れもしていないラブリーデイ。

昨年のこのレースで32秒台の末脚で快勝しており連覇を目指します。
距離適性からしても秋の大目標は天皇賞・秋。

こちらのレースでも連覇がかかります。


秋の目標はエリザベス女王杯と明言しているミッキークイーン。
当初は京都大賞典を叩いてからエリザベス女王杯に向かう予定でしたが直行が決定。

じっくり調整したいとのことですがこれが吉と出るか凶と出るか。
個人的には叩いたほうが良かったと思うんですが。。。

一時は宝塚記念に出走するプランもあったサウンズオブアース。
しかし結局宝塚記念はパスし秋に備えることになりました。

秋はここからジャパンC⇒有馬記念に向かう予定。
今秋こそ善戦マンから一皮剥けることができるでしょうか。


宝塚記念ではまったくいいところがなかったシュヴァルグラン。
京都大賞典で復帰予定でしたが春の疲れが抜け切らず回避が決定。

引き続き秋の目標はジャパンカップですが次走は未定。
馬の状態次第でアルゼンチン共和国杯に出走するプランが有力。

アドマイヤデウスも面白い一頭となりそう。
宝塚記念では見せ場なく9着。

GIではやはり力不足の感がありますがGIIなら話は別。
これまでもGIIでは結果を出してきました。

京都の高速馬場はこの馬にとって絶好の舞台。
絶好の馬場でこの馬の先行力を生かせばここでも勝負になりそう。


レースを引っ張ることになりそうなヤマカツライデン。
ここまで逃げて結果を出しているので今回もハナを切りそうな気配。

あとは同型馬であるキタサンブラックとの兼ね合い次第でしょう。
ただ、キタサンブラックは番手からも競馬ができるのですんなりハナが切れそう。

あとは逃げてどこまで粘れるかでしょう。