今週の日曜阪神メインは阪神JF(GI)。
今年の2歳女王を決める一戦です。
今週は香港国際競走もありますがこちらも注目したいところ。

来春の桜花賞と同じ舞台で行われる阪神JF。
それだけに来年の桜花賞を占う上でも重要な位置づけとなっています。

そして今年は2歳牝馬に大物が多くハイレベルな戦いが期待できそうです。
来年のクラシック候補に名乗りを上げるのはどの馬なのでしょうか。


◇阪神JF(GI、芝1600m、阪神)の出走予定馬(枠順)

1-1 ディーパワンサ A.シュタルケ
1-2 ソウルスターリング C.ルメール

2-3 エムオービーナス 木幡初
2-4 レーヌミノル 蛯名

3-5 ポンポン 嘉藤
3-6 ショーウェイ 松若

4-7 ブラックオニキス 城戸
4-8 サトノアリシア 池添謙

5-9 ジャストザマリン 四位
5-10 クインズサリナ V.シュミノー

6-11 ジューヌエコール バルザローザ
6-12 アリンナ 田辺

7-13 ゴールドケープ 丸山元
7-14 スズカゼ 松田大
7-15 フェルトベルク 川島信

8-16 シグルーン 藤岡康
8-17 ヴゼットジョリー 和田
8-18 リスグラシュー 戸崎

【阪神ジュベナイルフィリーズ2016】こじはる3連単5頭BOX、おぎやはぎ、まいやん、ジャンポケ斉藤、キャプテン渡辺などの予想一覧!!


今年はここまで牝馬の活躍が目立つ2歳馬戦線。
その中でも特に注目を集めているのがフランケル産駒のミスエルテ。

新馬戦を圧勝して臨んだファンタジーSは出遅れたにも関わらず大外一気で快勝。
初戦に続き2戦目も楽な手ごたえで強烈な末脚を披露しスケールの大きさを見せつけました。

次走は予定通りなら阪神JFだったのですがなんと翌週の朝日杯FSに予定を変更。
何でも馬体の回復に手間取っているようで1週遅らせることにしたようです。

阪神JFで期待されたソウルスターリングとのフランケル産駒対決は来年に持ち越しとなってしまいました。
ただ、ミスエルテが朝日杯で牡馬相手にどんな競馬を見せてくれるかも新たな楽しみが増えました。


そしてもう1頭の注目馬がソウルスターリング。
こちらもミスエルテと同じくフランケル産駒。

父がフランケル、母も米GI馬ということでデビュー前から注目されていた良血馬。
札幌の新馬戦を快勝後、続くアイビーSでも人気に応えて2連勝を飾りました。

東京の高速馬場に対応できるかレース前は多少の不安もありましたが終わってみればまったく問題なし。
大物感ある走りで他馬を寄せつけませんでした。

次走は阪神JFになる予定。
牝馬ながら来年の皐月賞、日本ダービーへの登録を行うことも発表されました。

世界的良血馬がGIでどんな走りを見せてくれるか。
ミスエルテの回避でフランケル産駒対決はお預けになってしまいましたがこの馬の走りは今から楽しみです。

この2頭にヒケをとらない才能を見せているレーヌミノル。
こちらはすでに小倉2歳Sを圧勝し重賞ウィナーの仲間入りを果たしています。

この馬の最大の武器はそのスピード。
小倉2歳Sでは楽な手ごたえのまま後続を6馬身離す圧勝劇でした。

ただ、3戦目となった京王杯2歳Sでは2着。
楽な手ごたえで直線を向いたものの追ってから案外で初黒星を喫してしまいました。

このレースを見る限りでは短距離馬の印象が強く、さらに距離が延びる阪神JFは微妙。
浜中騎手は距離は大丈夫と見ているようですが。。。

阪神JFではさらなる距離延長に対応できるかが大きな課題となりそうです。
なお、主戦の浜中騎手が騎乗停止になったため、阪神JFでは蛯名騎手とのコンビが決まりました。


ヴゼットジョリーは前走の新潟2歳Sを快勝。
ここまで1番人気はないものの、2戦2勝とまだ底を見せていません。

出世レースで知られる新潟2歳Sを勝っただけに今後も注目したい1頭。
ただ、阪神JFに直行するローテーションだけが心配ですね。

ジューヌエコールはデイリー杯2歳Sを勝って無傷の3連勝。
阪神JFの有力馬に名乗りをあげました。

3連勝全てがメンバー最速上がりを記録してのもの。
デイリー杯でマイルも克服、この末脚は阪神の外回りでも生きてくるでしょう。

リスグラシューは出世レースであるアルテミスSを快勝。
東京の長い直線を息の長い末脚で制し人気に応えました。

陣営は次走は阪神JFと明言。
東京で見せたのは末脚は阪神の外回りでも武器になりそう。

また一頭楽しみな馬が出てきました。
これから年末にかけて2歳重賞が続きます。


あのブエナビスタの初仔となるコロナシオン。
先日のデビュー戦では人気に応え見事に初戦を飾りました。

大外から豪快に差し切った切れ味はまさに母譲り。
今後を期待させる豪脚ぶりでした。

しかし一転、2戦目となった黄菊賞では折り合いを欠き4着。
5頭立てで4着ですから厳しい結果となりました。

年内はここまま休養。
成長を促すため放牧に出され、来年に備えることが決定しました。

現時点ではソウルスターリングとミスエルテが一歩抜け出した感のある今年の2歳牝馬。
ミスエルテが朝日杯に向かうため、今年の阪神JFはソウルスターリングが人気の中心となりそう。

ただ、その他にも有力馬が揃っているので激しい戦いが繰り広げられそうです。
今年の2歳女王にはどの馬が輝くのでしょうか。


◇阪神JF2016、有力馬追い切り情報

◆ソウルスターリング
【最終追い切り】
12/7:美浦坂路(良)4F:55.1-40.5-25.6-12.4(助手/馬なり)

【1週前追い切り】
11/30:美浦南W(良)4F:54.6-40.5-12.9(助手/強め)
中ロサギガンティア(馬なり)を4Fで0.4秒追走、1F併せで併入
外デルカイザー(馬なり)を4Fで0.8秒追走、1F併せで併入

◆ヴゼットジョリー
【最終追い切り】
12/7:栗東CW(良)6F:84.3-67.7-52.2-37.9-11.6(和田/馬なり)
外ファンドレイザー(G強め)を6Fで0.7秒追走、1F併せで0.2秒先着

【1週前追い切り】
11/30:栗東CW(重)6F:83.8-67.2-51.7-37.4-11.8(和田/一杯)
外オリエントワークス(一杯)を6Fで0.6秒追走、1F併せで0.4秒先着

◆レーヌミノル
【最終追い切り】
12/7:栗東CW(良)5F:66.9-51.0-37.1-11.6(助手/G強め)

【1週前追い切り】
11/30:栗東CW(重)5F:67.7-52.0-38.7-11.8(蛯名/馬なり)
内ムーンクレスト(一杯)を5Fで0.4秒追走、3F併せで0.1秒先着

◆リスグラシュー
【最終追い切り】
12/7:栗東坂路(良)4F:55.2-39.5-25.2-12.3(坂井/仕掛け)

【1週前追い切り】
11/30:栗東坂路(重)4F:51.8-37.3-24.3-12.4(戸崎圭/G強め)
外イクラトロ(強め)と併せで0.4秒先着

◆ディーパワンサ
【最終追い切り】
12/7:栗東CW(良)6F:85.9-70.3-54.8-39.6-12.0(シュタルケ/一杯)
内タイセイオーキッド(一杯)を6Fで1.2秒追走、4F併せで0.5秒先着

【1週前追い切り】
11/30:栗東CW(重)6F:80.7-66.1-52.6-39.5-13.1(シュタルケ/一杯)