今週の日曜阪神メインは朝日杯フューチュリティステークス2017(GI)。
昨年まではその年の2歳馬ナンバーワンを決める一戦したが今年からホープフルSがGIに昇格。

朝日杯FSとホープフルS、2歳GIが2つできたことでややその位置づけが難しいレースとなりました。


阪神競馬場に舞台を移して今年で4回目。
昨年は牝馬のミスエルテが参戦し話題になりました。

来年のクラシックを占う上で重要な一戦には変わりなく今年も注目が集まります。


・ブログの更新情報などをイチ早くお届け!!
LINE&Twitter&Facebook

逆説の危険馬などを配信中
⇒公式LINE登録はコチラ

逆説の激走馬などを配信中
⇒公式Twitter フォローはコチラ

 TSDB


◇朝日杯FS 2017(GI、芝1600m、阪神) 出走予定馬(枠順)

1-1 ダノンプレミアム 55.0 川田
1-2 フロンティア 55.0 岩田

2-3 タワーオブロンドン 55.0 C・ルメール
2-4 ライトオンキュー 55.0 四位

3-5 ケイアイノーテック 55.0 幸
3-6 アサクサゲンキ 55.0 武豊

4-7 ヒシコスマー 55.0 松山弘
4-8 ファストアプローチ 55.0 V・シュミノー

5-9 ムスコローソ 55.0 池添
5-10 ステルヴィオ 55.0 C・デムーロ

6-11 カシアス 55.0 浜中
6-12 ダノンスマッシュ 55.0 福永

7-13 アイアンクロー 55.0 酒井学
7-14 ダブルシャープ 55.0 和田

8-15 ケイティクレバー 55.0 小林
8-16 イシマツ 55.0 加藤祥


今年も徐々に来年のクラシック候補生が誕生している2歳戦線。
今年の朝日杯FSには16頭が出走します。


人気を集めそうなのがダノンプレミアム。
前走のサウジアラビアRCでは好位から抜け出し快勝。

大人びた走りを見せ無敗での重賞制覇となりました。
阪神の外回りコースは新馬戦(芝1800)で圧勝しているのでコース適性には問題なし。

距離も前走の走りを見れば何の不安もありません。
枠も1枠1番なら距離損なくスムーズに先行できそう。

スタートさえ気をつければこの馬らしいレースができるでしょう。
来年のクラシックに向けてどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。


ダノンプレミアムが勝ったサウジアラビアRCで1番人気だったのがステルヴィオ。
2連勝で臨んだレースでは後方から直線大外を追い込むも2着。

それでも直線の脚は今後の活躍を期待させるものでした。
今回も直線の長い阪神外回りなのでこの馬の末脚が存分に発揮できそう。

ダノンプレミアムとの再戦が楽しみです。


京王杯2歳Sを圧倒的1番人気に応え快勝したタワーオブロンドン。
直線力強く抜け出した内容は危なげないものでした。

スピードに長けたタイプで距離延長がカギになりそうですがマイルまではこなしそう。
そのあたりは初戦からずっと手綱をとるルメール騎手がうまく対応してくれるでしょう。

枠は2枠3番、先週は大外に泣いたルメール騎手ですがこの枠ならロスのない競馬が可能。
1番に入ったダノンプレミアムをマークすることもでき、競馬はしやすいでしょう。


フロンティアは1番人気に推されたデイリー杯2歳Sで4着。
連勝が2でストップしました。

距離は問題なかったはずですから初めてだった右回りがこたえたのか。
今回は直線の長い阪神の外回り1600m。

2番枠に入ったので内でジッと脚をためて直線勝負になりそう。
この馬本来の末脚が発揮できればここでも勝負にはなりそうです。


悲願の朝日杯FS制覇を目指す武豊騎手はアサクサゲンキに騎乗。
小倉2歳S勝ち、京王杯2歳S2着と重賞でもいい走りを見せる同馬ですが今回は距離が微妙。

マイルへの距離延長はプラスとは言えず、相手もさらに強化。
ここはなかなか厳しい戦いとなりそうです。


◇朝日杯FS、有力馬追い切り情報

◇ダノンプレミアム
【最終追い切り】
12/13:栗東CW(良)4F:52.7-37.6-11.7(川田/馬なり)

【1週前追い切り】
12/07:栗東CW(良)6F:84.4-67.8-51.9-37.8-11.4(川田/強め)
内フロンティアと1F併せで0.6秒先着
外ノーブルスピリットと1F併せで1.1秒先着


◇タワーオブロンドン
【最終追い切り】
12/13:美浦坂路(良)4F:53.2-38.5-24.6-12.19(ルメール/馬なり)
外ティソーナと併せて併入

【1週前追い切り】
12/06:美浦南W(良)5F:70.0-54.1-40.0-12.9(上野/馬なり)


◇ステルヴィオ
【最終追い切り】
12/13:美浦南W(良)4F:53.8-39.8-13.1(助手/馬なり)
中バールドバイと1F併せで併入
外モルジアナと1F併せで併入

【1週前追い切り】
12/06:美浦南W(良)6F:83.7-68.9-54.2-39.5-12.7(助手/馬なり)
内レジェンドセラーと1F併せで0.2秒先着
外クリミアタイガーと1F併せで0.4秒先着


◇アサクサゲンキ
【最終追い切り】
12/13:栗東坂路(良)4F:51.5-38.0-25.1-12.9(松若/馬なり)
外モズスーパーフレアと併せて併入

【1週前追い切り】
12/06:栗東坂路(良)4F:52.0-38.1-25.4-13.2(助手/一杯)
外ミッキードーヴィルと併せて0.3秒先着


◇ダノンスマッシュ
【最終追い切り】
12/13:栗東CW(良)5F:66.1-52.5-37.7-11.9(福永/馬なり)
内オメガラヴィサンと4F併せで併入

【1週前追い切り】
12/06:栗東CW(良)6F:78.8-63.8-49.6-36.9-11.6(福永/馬なり)
中ダイアトニックと1F併せで0.2秒先着
外オメガラヴィサンと1F併せで0.2秒先着


◇フロンティア
【最終追い切り】
12/13.:栗東CW(良)5F:68.5-51.6-37.6-11.6(岩田/馬なり)

【1週前追い切り】
12/07:栗東CW(良)6F:85.4-68.9-52.9-38.8-12.0(中井/一杯)
内ダノンプレミアムと1F併せで0.6秒遅れ
外ノーブルスピリットと1F併せで0.5秒先着


◇ダブルシャープ
【最終追い切り】
12/13:栗東坂路(良)4F:52.6-37.7-24.3-12.4(和田/一杯)


13日、美浦、栗東の両トレセンでは朝日杯FSの最終追い切りが行われました。
人気が予想されるダノンプレミアムとタワーオブロンドンは軽めの最終追い切り。

どちらもすでに態勢は整っており、強い調教はもういらないということでしょう。
タワーオブロンドンは藤沢厩舎にしては珍しい?坂路での最終追い切りでした。


最終追い切りで動きが良かったのがダノンスマッシュとアサクサゲンキ。
どちらもスピード馬らしく終いまでしっかりとした足さばき。

どちらも調子は良さそうであとは距離適性ということになりそうです。


【ターコイズS 2017 予想】天童なこ、万哲、虎石晃など芸能人、競馬記者の本命は?

【有馬記念 2017】出走予定馬/追い切り情報など

【ホープフルS 2017】出走予定馬!!ジャンダルム、ルーカスなど