今週の日曜東京メインは根岸ステークス(GIII)。
2月のフェブラリーSに向けた重要なステップレースであるこのレース。

毎年フェブラリーSを目指す馬たちが出走することで知られています。

しかし意外と本番に直結しないレースでもある根岸S。
距離が1400mということも微妙に影響しているのでしょうか。。。

今年は本番に繋がるようなレースとなるのでしょうか。


◇根岸ステークス 2017(GIII、ダート1400m、東京)の出走予定馬(枠順)

1-1 ブルミラコロ 56.0 秋山真
1-2 ラストダンサー 56.0 田辺

2-3 カフジテイク 56.0 福永
2-4 ニシケンモノノフ 57.0 横山典

3-5 ベストウォーリア 58.0 戸崎
3-6 グレープブランデー 58.0 柴田善

4-7 モンドクラッセ 56.0 丸山元
4-8 ラブバレット 56.0 山本聡

5-9 コーリンベリー 56.0 松山弘
5-10 グレイスフルリープ 57.0 蛯名

6-11 タールタン 56.0 北村宏
6-12 ブライトライン 56.0 石川裕

7-13 エイシンバッケン 56.0 岩田
7-14 キングズガード 56.0 藤岡佑

8-15 ベストマッチョ 55.0 C・ルメール
8-16 ノボバカラ 57.0 柴田大

【根岸S 2017】こじはる3連単5頭BOX、DAIGO、まいやん、ジャンポケ斉藤、キャプテン渡辺などの予想一覧!!

【シルクロードS 2017】こじはる3連単5頭BOX、ウイニング競馬、原良馬、虎石晃などの予想一覧!!


悲願の中央GI制覇を目指すベストウォリアーがここから始動。
ここを一叩きしてフェブラリーSに向います。

1400-1600mがベストのこの馬には東京1400mはベストの舞台。
南部杯以来の休み明けとなりますが、ここはしっかり結果も欲しいところ。

春の大目標は次のフェブラリーSですが無様な競馬はしないでしょう。

このところ勝ち切れないレースが続くコ―リンベリー。
前走のカペラSでも1番人気を裏切る3着でした。

この馬のベストは1200m。
1ハロン長い今回の1400mも課題となりそうです。

それでもハナを切ればしぶとい馬。
このところは先手が奪えないレースが多いですがここは思い切った逃げを打ってもらいたい。

カフジテイクは前々走の武蔵野Sが4着。
GI初挑戦となったチャンピオンズCでも11番人気ながら4着に好走しました。

今回は重賞初制覇を目指しての参戦。
それほど人気にはならないでしょうから気楽に競馬はできそう。

今年のこのレースのダークホースはこの馬かもしれません。


ベストマッチョは東京ダート1400mで2連勝中。
今回は休み明け、初重賞挑戦と不安もありますがまだ底を見せていない4歳馬。

東京ダートは[4-1-0-0]と抜群の成績。
もしかするとここでも勝負になるかもしれません。

ただ、ルメール騎手なので必要以上に人気になってしまう恐れはあります。

他にもノボバカラ、ブルミラコロ、ラストダンサーなど多彩な顔ぶれ。
どの馬も勢いがありダート1400mのスペシャリストともいえる馬たち。

フェブラリーSではちょっと力が足りない気もしますがここなら勝負になりそう。
今年の根岸Sはひと波乱あってもおかしくないメンバー構成です。